2019年度

学園祭2019

作品紹介

1、Donkey car

2、「学園祭 1.2」APP


Donkey Carとは


人工知能のディープラーニングを使って、ラジコンカーの自動運転をしみよう。

ラジコンカーに自動運転をさせるための手順は、おおまかに以下の三つです。

1)手動運転モードで、人がラジコンカーを操縦します。コースからはみ出さないように10周以上走らせます。そのときのカメラ画像とステアリング角度の情報を記録します。

2)それらを訓練データとして人工知能のディープラーニングに学習させます。

3)自動運転モードに切り替えると、ディープラーニングの学習結果を使って、ラジコンカーが自動運転します。



事前準備

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)

ラズベリーパイは、1枚の回路基板上にコンピューターとして最低限の機能を持たせた「シングルボードコンピューター」であり、動作させるためには以下の周辺機器を準備します。

★キーボードとマウス

★マイクロSDカード

★ディスプレイとディスプレイ用ケーブル

★ USB電源アダプタとマイクロUSBケーブル

なお、ラズベリーパイにはOSがインストールされていません。起動の際は、ラズベリーパイ用OS「Raspbian(ラズビアン)」をインストールしたマイクロSDカードを本体に挿す必要があります。


「学園祭1.2」APPとは


作品紹介


1、各階の案内

2、交通アクセス



01図


事前準備


App Inventor for Androidは当初Googleが提供していたが、現在はマサチューセッツ工科大学(MIT)が提供している、Android対応アプリケーションソフトウェアを開発するソフトウェアである。コンピュータプログラミングに不慣れな人でも使いやすいように、ScratchのようなグラフィカルインターフェイスやStarLogo TNGのユーザインターフェースを使い、ビジュアルオブジェクトをドラッグ·アンド·ドロップすることで数多くの携帯機器で動くAndroid対応アプリを作成できる。


APPに関する


1%: ----------->準備App Inventor ----------->






02図


30%: ----------->Designer ----------->



60%: ----------->Blocks ----------->



100%: ----------->ok\(^o^)/~です。----------->


03図


作者に関する

陳研究室は「学園祭 1.2」APPを開発する。「2年生の李泽明、3年生」



図の参考:

01図https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fblog.kaspersky.co.jp%2Fandroid-device-identifiers%2F26396%2F&psig=AOvVaw2h1DP3G-jbVfn7cooDWYje&ust=1606537448234000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNj66MPwoe0CFQAAAAAdAAAAABAG

02図https://appinventor.mit.edu/images/ai-with-mitai.png

03図https://images.idgesg.net/images/article/2017/08/android_robot_logo_by_ornecolorada_cc0_via_pixabay1904852_wide-100732483-large.jpg