Lesson.4

テーマ:「Raspberry Pi の紹介」

クラブ学習、交流資料。転載禁止、ご参考までに申し上げます。


 Raspberry Piは、RPiまたはRasPi/RPiと略され、中国語では「ラズベリーパイ」と訳され、クレジットカードサイズのLinuxベースの「カードコンピュータ」(Single-board Computer、シングルボードマシン)は、学生のコンピュータプログラミング教育のために設計され、イギリスケンブリッジのある実験室で6年の研究開発を経て、2012年2月29日に公開され、予約を受け付けています。

Raspberry PiはARM 11シリーズを搭載しています。主周波数は700 MのCPUで、SDカードをメモリハードディスクとして、カードのマザーボードの周りにUSBインターフェースが二つと網口があります。キーボードとマウスとケーブルを接続できます。同時にビデオアナログ信号を持つテレビ出力インターフェースとHDMIハイビジョンビデオ出力インターフェースを備えています。これらの部品は全部クレジットカードより少し大きいマザーボードに統合されています。すべてのPCの基本機能を備えています。テレビとキーボードを接続するだけで、電子表、文字処理、ゲーム、ハイビジョンビデオなどの多機能を実行できます。Raspberry Pi Bモデルはパソコンボードのみを提供しています。メモリ、電源、キーボード、ケース、またはケーブルはありません。普及とコストの問題を考慮して、Model-AとModel-Bの二つのバージョンに細分しています。

ラズベリーパイの用途:

 ロボットコントローラ 多くのロボットコントローラのRaspberry Piプロジェクトがあります。Pi専用のロボットパッケージがあります。設備電池から適切に電力が供給され、ロボットとの通信と制御に使用されます。 ロボットに対しては、Pi ZeroWしか使えません。ゼロはRaspberry Piの超薄型版で、軽量ロボットに適したボード搭載無線接続機能を備えています。いろいろな用途もあります。